京都で前撮り

多くの人々から近年注目を浴びているサービスが、格式高い華やかな雰囲気が魅力の京都における結婚式の前撮りサービスです。

春の桜や秋の紅葉などが一番美しい季節に前もって2人の姿を撮影しておくことによって、質の高い満足のいく仕上がりを叶えられるというメリットがあります。

京都に憧れている人は非常に多いため、観光地として名高い場所で写真を撮ることは、より一層思い出深い宝物となるのです。

サービス

京都市内の結婚式前撮りサービスの相場としては、大体15万円前後となっています。

プロカメラマンやメイクを施してくれるプロのスタッフが徹底的にサポートしてくれますので、納得できる価格相場といえます。

このように、結婚式の前撮りにはさまざまなメリットがありますので、多くの新郎新婦の間で信頼できるものとして親しまれているのです。

含まれる

誰よりも綺麗な姿で京都の街並みを満喫したいと望む花嫁にとって、こうした上質なきめ細かいサービスは、圧倒的な人気を得ています。

日本の伝統的な結婚式”神前式”|その由来と歴史

最近は本物志向の強い30代以降のカップルの間で、日本の伝統的な結婚式である神前式が人気を集めています。

神前式は日本で教会式が普及する以前から、一般的に行われていました。

一般庶民の間で神道儀式の形で結婚式を行う神前式が行われるようになったきっかけは、明治33年5月10日に当時の皇太子殿下(後の大正天皇)のご婚儀が当時の日比谷大神宮(現在の東京大神宮)で行われたことです。

江戸時代までは一般庶民の結婚式は個人の家で行う人前式が普通でした。この当時は神道や仏教の宗教儀式で結婚式を行う人は、神官や僧侶などの宗教者に限られていました。

皇太子の結婚をきっかけにして、庶民の間でも西洋で行われる教会式のように宗教儀式として結婚式を行う事を希望する声が大きくなりました。

これに応えるために東京大神宮と京都大神宮が協議して一般人向けの神前式の型が考案され、翌年から実際に行われるようになりました。文献によると、日本初の神前式は京都大神宮で実施されました。

現在も神前式で行われる祝詞奏上(のりとそうじょう)・三献の儀(さんこんのぎ)・誓詞奏上(せいしそうじょう)・玉串奉奠(たまぐしほうてん)などは、この時に定められたものです。

指輪交換や雅楽の演奏、巫女の舞などは、後になって加えられました。

(C) maedori

produce by 結婚式の前撮りするならやはり和装で京都で