京都で前撮り

京都は春夏秋冬のどの季節に訪れてもそれぞれに情緒溢れる景色が広がる素敵な街です。

撮影スポットも数多くある事から、京都は結婚式の前撮りするならやはり和装で京都でとして人気のスポットです。

和装が人気

京都らしい町並みをバックに撮影をしたい人が多いので、衣装は和装が人気があります。

前撮りの撮影は、自分達の結婚式をする時期と合わせる必要がないので、まだ結婚式の準備を始める前に時間的余裕を持って撮影をするカップルが多いです。

季節は紅葉が綺麗でいかにも古都らしい雰囲気が伝わる秋が人気があります。

特に京都の紅葉は色鮮やかで鮮明な赤色ですので、着物に負けないぐらいの美しさがあります。

事前に予約

人工の美しさではなく、自然の美しさはまた
格別ですし、自然の中での撮影は気持ちも
リラックスして撮影に望むことが出来ます。

しかし、自然の物だからこそ実際に色づく時期はその年によって微妙にズレが生じます。

一番綺麗に色づく時期を予測して予約をしなくてはいけませんので、撮影日選びは慎重にする必要があります。

桜や紅葉のシーズンは見た目がきれいなだけでなく、気候的にも心地良い前撮り京都
時期ですよね。気分良く撮影に挑めるのではないでしょうか。

また、紅葉のやさくらのシーズンは前撮りも
非常に人気です。

そもそもの予約が取りにくいということもあります。ぜひ早めに予約しておきましょう。

結婚式の定番”前撮り”|その歴史はいつから?

このような美しい景色の中で行う楽しみがある前撮りですが、現在は定番として結婚式・披露宴のオプションとして付いてきますがその始まりはいつ頃だったのでしょうか。その歴史を見ていきましょう。

まず前撮りは、写真で記録を残すという技術があることが前提となります。そして白黒の写真を撮影するという技術が日本にもたらされたのは1841年でした。

その技術が日本に来ると同時に結婚式の前撮りを行うという風習がはじまったのです。

当時は結婚式を行わず写真だけを撮るというケースもありましたので当人たちが前撮りという意識があったのかどうかはわかりませんが、この結婚で写真を撮るという文化はこの頃からとなります。

そしてその文化を現在にも残るものとして決定づけたのが、白黒写真からカラー写真を撮る技術が入り始めた1861年です。

このカラーの美しさに当時の人たちも魅了され、日常生活でも記念撮影をするという習慣が身に付き始めたのです。

この習慣が日常となったならば、一世一代のときである結婚式においてはなおさら記念撮影を行おうという意識が高まりました。

このような歴史の流れの中で前撮りで記念撮影をするという習慣が日本に根付くこととなったのです。

(C) maedori

produce by 結婚式の前撮りするならやはり和装で京都で